--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.12

3月定例会ご報告

Category: INFOMATION
小川代表の議事進行で、

まず始めに、1月の新年会や2月の味噌作りワークショップの振り返りの後、
鈴木さんより、つくばフォーラムの報告がありました。

特に岩手県葛巻町の自然エネルギー発電への取り組みや、つくば市で
ソーラーカルチャー株式会社を立ち上げ、農地にソーラーパネルを設置して
太陽光発電を推進する松岡顕さんの「ソーラーシェアリング」について、
興味深く、印象が強かったとのことでした。

太陽光発電事業など、市への提言については、水戸市の取り組みなど
いろいろと参考にしながら、これから検討していこうということになりました。

生ごみたい肥化補助事業のアンケート集計の結果については、コンポスト助成が
生ごみの削減に活かされていないのではないか、堆肥化をやめてしまうことに対しての
市のフォローが無いということが問題ではないかという指摘がありました。

ゴミの削減を含め、市の環境行政に対しての提言をどう進めていくか、
グリーン愛すとしてどう取り組むかということは、今後の課題です。

続いて事務局より、エコーいばらき助成事業について、26年度事業に対する
補助金が決定したことと、1月24日に参議院議員会館で開催された
「有機農業の明日を語る会」の報告をさせていただきました。

今検討されている有機農業推進法の第2次基本計画では市町村レベルでの取り組みが
最重要課題になるということです。

有機農業を巡る環境は、たいへん厳しいようですが、今後のビジョンを明確にして
共有していくことや「思い」の伝え方など、考えるべき大切なことがたくさんあります。

何が問題で、どうすればいいのか。

今年度の上映会、講演会などエコーいばらきの補助金を活用する事業は、
有機農業、自然農法、自然栽培などの、環境保全型の農業に関するものに決定しております。

続いて、住民代表といて参加している古河市環境審議会の報告をさせていただきました。

審議会の議題は臭気規制とペット霊園についてでしたが、古河市の放射能汚染の現況と、
ネオニコチノイド系農薬の残留基準緩和の動きに対してどう思うかという質問への、
古河市環境課の返答を簡単に述べさせていただきました。

農業やエネルギーなど生活の基本となることについて、国レベルや大企業などの
グローバルな流れに対して、 市民が連携して地域化していくためには、自治体との
協働が不可欠と思われます。

岩手県葛巻町の例も出ましたが、近県で町ぐるみの有機農業、自然エネルギーに取り組む
埼玉県小川町の見学会を検討しようということになりました。

また、第5小学校の子どもたちとの協働につきましては、先生のスケジュール確認後、
再度打ち合わせの時間を持ちたいと思います。

上映会に向けての映画選考は、また試写会を開催して検討していきたいと思っております。

イオン黄色いレシートの日は、3月は開催されず、次回は4月10日・11日です。
当日配るチラシについては、また作り直しますので、ご検討いただきたいと思っております。

次回定例会は4月6日(日)午前9時半より12時まで、東公民館会議室です。

定例会後、小山文化センターにて午後2時より『鉱毒に追われて』上映会があります。
お時間のある方、ぜひご参加ください。

以上、ご報告させていただきました。

(事務局・せ)



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
03.01

3月定例会ご案内

Category: INFOMATION
3月定例会は、東公民館第一会議室
9日午前9時半から正午までとなりました。

都合により、2日ではなく9日に変更になりましたので
ご注意ください。

どうぞよろしくお願いいたします。




(事務局・せ)
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。